「てにをは」修業

このごろ、頻繁にブログを書いているが、自分の文章の未熟さにあきれるばかりである。Hさんからは「大学である程度学んで来た人でないと書けない文章だ」と、お褒めの言葉を頂いたが、やはり文章の「てにをは」に過不足感があるというか。連続して「で」を使ってしまったり、「も」が連続することが頻繁にあったりする。

まあ、所詮ブログの文章なので、余り堅く考えることでもないのかもしれない。巷に出回っている優れた文章というのは、プロの校正を経ているものだし、そこまで神経質になる必要もないのかな。

広告