パスポートのローマ字表記

  • 家族のパスポート更新時期が近づいてきたので、パスポートについていろいろと調べていたら、ローマ字に関するTipsを見つけた。以下リンク(神奈川県のもの)
  • http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/02/2315/hepburn.html
  • ファミリーネームの最後が「〜OU」になるので、最後のUを省かなければならないのだが、家族の方はUが残ってしまっている。おそらく申請時に書き間違えたのだろう。日本だとあまり問題にならないが、海外でトラブルにあった時に、スペルが違うとなにかと手続きがややこしいので、安全のために変えておきたい。幸い切替申請(更新)の時にスペルは変えられるらしい。
  • 他には「KATOH」などのHも、基本的には抜かなければならない。本人のスペルを尊重して、Hを挿れたスペルも可能だが、その場合には継続してそのスペルを使用しているという書類が必要らしい。
  • 一文字ぐらいいいじゃないか、と思う人もいるかもしれないが、国外に渡航したことがある人ならば分かる通り、一文字でも違えば、飛行機にすら乗れない。近年はセキュリティーの厳格化も厳しくなってきたので、トラブルになることも多いようだ。窓口業務というのは適当なことも多いし、印字ミスはしょっちゅうである。今まで印字ミスやトラブルにあったことはそれほどないが、入国審査でもめているのを見ることは多い。書類やレシート、お釣りは必ずチェック。基本的なことが大事である。
広告
カテゴリー: IT タグ: